( Outline - 会社概要・組織体制 | 株式会社AFIテクノロジー

Outline

会社概要・組織体制

会社概要

会社名 株式会社AFIテクノロジー(英語表記 AFI Corporation)
設立 平成25年5月21日
資本金および資本剰余金 7億656万円(内 資本金9,900万円)
主要株主 <経営陣>
  • 株式会社SCREENホールディングス
  • 極東製薬工業株式会社
  • ヤマト科学株式会社
  • 京都大学イノベーションキャピタル株式会社
  • 合同会社テックアクセルベンチャーズ
  • SMBCベンチャーキャピタル株式会社
  • 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社
  • みなとキャピタル株式会社
  • みやこキャピタル株式会社
  • 京銀リース・キャピタル株式会社
  • 中信ベンチャーキャピタル株式会社
代表者 代表取締役社長 円城寺 隆治
役員 取締役 隅田 剣生
取締役 上志 正博
社外取締役 山本 博一
社外取締役 嶋本 英剛
監査役 西 宏章
事業内容 細胞、微生物等の評価・制御・製造に関わるデバイス、装置、試薬等の開発、製造および販売
加盟学会・団体等
(H29.6月現在)
  • iPS細胞ビジネス協議会
  • 一般社団法人AOAC日本
  • AOAC INTERNATIONAL
  • 化学工学会
  • 環境バイオテクノロジー学会
  • 神戸食品微生物科学協会
  • 静電気学会
  • 電気学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本食品工学会
  • 日本食品微生物学会
  • 日本防菌防黴学会
  • 日本臨床微生物学会
提携・協力研究機関
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 首都大学東京
  • 千葉大学
  • 東京農業大学
  • 東京大学
  • 群馬大学
  • 北海道大学
所在地

本社
〒606-8501
京都市左京区吉田下阿達町46-29 京都大学 医薬系総合研究棟3階
TEL: 075-762-3131
FAX: 075-762-3132

大阪事業所
〒530-0047
大阪市北区西天満6-7-2 新日本梅新ビル2階
TEL: 06-6360-9010

神戸オフィス
〒651-0094
神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2
三信ビル403

沿革

会社沿革

2013/5
  • AFIテクノロジー設立。本社を大阪市に登記
2014/7
  • 平成26年度 経済産業省 戦略的基盤技術高度化支援事業に採択。京都大学と血中循環腫瘍細胞の分離研究を開始
  • 法認定企業:AFIテクノロジー、事業管理機関:京都大学医学研究科
  • 課題名「希少細胞の選抜を実現する革新的な誘電泳動細胞分離システムの開発」
2015/2
  • 本社を神戸市に移転
2015/5
  • 微生物迅速検査検証機 「ELESTA α」発表
2016/4
  • 微生物迅速検査システム 「ELESTA (ELS-001)」発表
2015/11
〜 2016/6
  • 資金調達(シリーズA):京都大学イノベーションキャピタル等から3.1億円を調達
2016/5
  • 本社を京都市に移転
2017/9
〜 2018/2
  • 資金調達(シリーズB):ベンチャーキャピタル事業会社等から約5.6億円を調達
  • SCREENホールディングス、極東製薬工業およびヤマト科学と資本業務提携
2017/12
  • 経済産業省「地域未来牽引企業」に選定
2018/4
  • 微生物汚染リスクモニタリングシステム 「ELESTA (ELS-002)」発表
2018/9
  • ラベルフリー細胞分離・解析検証機 「ELESTA Sort α」発表
2019/7
  • 微生物汚染リスクモニタリングシステム 「ELESTA PixeeMo (ELS-003)」発表
2019/8
  • 資金調達:SCREENホールディングスとの協業促進を発表

主な補助金・助成事業

  • 平成26年度 戦略的基盤技術高度化支援事業 ものづくり中小企業・小規模事業者等連携事業創造促進事業(経済産業省近畿経済産業局)
  • 平成26年度 先端課題対応型ベンチャー事業化支援等事業(経済産業省)
  • 平成28年度 三菱UFJ技術育成財団 第2回研究開発助成金(三菱UFJ技術育成財団)
  • 平成29年度 IoT/BD/AI情報通信プラットフォーム社会実装推進事業(総務省)
  • 平成29年度 京都エコノミック・ガーデニング支援強化事業(京都産業21)
  • 平成29年度 地域中核企業創出・支援事業(経済産業省近畿経済産業局)
  • 平成29年度 地域未来投資促進法における地域経済牽引事業計画(経済産業省)
  • 平成31年度 地域経済牽引事業支援事業費補助金(経済産業省近畿経済産業局)

役員体制

円城寺 隆治
代表取締役社長

円城寺 隆治

呼吸用保護具メーカーで防じん・防毒マスク用フィルタの研究開発に10年間従事した後、細菌検査試薬ベンチャーに転職。大学との共同研究で”AMATAR™”の根幹となる誘電泳動電法の研究を開始。2007年にAMATAR™を専門とするフィルテクノジャパン㈱を設立し、リサーチユースの誘電泳動分離デバイスを開発。大学や企業に対して同デバイスを販売し、原理検証を行う。2013年に株式会社AFIテクノロジーを設立し、AMATAR™を導入した微生物の迅速分析装置「エレスタ」の開発に着手。2014年、代表取締役社長に就任。北里大学卒(保健学士)、首都大学東京(現 東京都立大学)大学院修了、博士(工学)。

隅田 剣生
取締役

隅田 剣生

大学卒業後、プラントエンジニアリング業界でプラント機器の営業に従事、あらゆる産業分野の営業を経験。2004年からNEDO、大阪大学、文部科学省等で産学官連携コーディネーターを歴任し、多数の大学発ベンチャー・産学連携プロジェクトの組成、マネジメント業務に従事。2013年に株式会社AFIテクノロジーを設立、2014年から現職。神戸大学大学院修了。

上志 正博
取締役

上志 正博

大学卒業後、株式会社三和銀行(現・株式会社三菱UFJ銀行)に入行し、その後、大日本スクリーン製造株式会社(現・株式会社SCREENホールディングス)に入社。半導体機器事業部に配属となり、生産管理や営業業務に従事。2000年4月、DNS Electronics,LLC(米国)へ出向し、2006年から社長、2008年には会長に就任する。その後、大日本スクリーン製造に帰任し、IR室副室長、経営戦略本部経営企画室長を歴任し、2014年4月に執行役員、2015年4月からは上席執行役員新規事業担当に就任。2019年に株式会社AFIテクノロジー常勤取締役就任。同志社大学経済学部卒業。

山本 博一
社外取締役

山本 博一

財団法人微生物化学研究所にて抗生物質生産菌の研究に従事した後、山ノ内製薬株式会社にて生理活性物質の研究などに従事。その後製品企画部長として新薬の研究開発企画を担当。2008年、京都大学産官学連携センターの特定教授に就任。産官学連携本部教授を経て、2013年より公益財団法人京都高度技術研究所嘱託および京都大学大学院医学研究科産学連携フェローに就任。大学発ベンチャー支援、知的財産権ライセンス事業などを担当。東京大学大学院修了、農学博士。

嶋本 英剛
社外取締役

嶋本 英剛

大学卒業後、大日本スクリーン製造株式会社(現・株式会社SCREENホールディングス)に入社。営業企画部に配属となり、市場予測、商品企画など、主にマーケティング業務に従事。その後、社内ベンチャー制度によりデジタル画像事業の関連会社に出向し、設立から営業・業務担当マネージャーとして従事した後に帰任する。帰任後は、企業連携による新規開発テーマ立案や新製品の開発企画、理化学研究所との新システムの共同開発の企画立案等を担当、現所属のライフサイエンス事業室細胞関連機材営業課課長に就任。2018年に株式会社AFIテクノロジー社外取締役就任。専修大学経営学部卒業。

西 宏章
監査役

西 宏章

大学卒業後、公認会計士2次試験に合格し、大手監査法人にて会計監査業務に従事。その後、公認会計士、税理士に登録し、税理士法人にて税務申告業務のほか、株式公開支援業務、組織再編・事業再生・事業承継等のコンサルティング業務に従事。2013年設立時より株式会社AFIテクノロジー監査役に就任。同志社大学卒業。

組織体制

組織図 組織図
Contact

食品検査/微生物検査の
担当者の方へ

食品や飲料、化粧品の品質管理を劇的に改善するソリューションをご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ