マイクロ流路・
電極を用いた
革新的
フィルタ技術

AMATAR™について

AFIの独自技術「AMATAR™(アマタ)」は、電気特性解析およびマイクロ流体制御に画像解析技術をプラスアルファしたこれまでにない革新的な微粒子分離技術です。
株式会社AFIテクノロジーでは、当技術を用いた製品を製造・販売しており、お客様の幅広いご要望にお応えします。

AMATAR™説明図

AMATAR™について

AFIの独自技術「AMATAR™(アマタ)」は、電気特性解析およびマイクロ流体制御に画像解析技術をプラスアルファしたこれまでにない革新的な微粒子分離技術です。
株式会社AFIテクノロジーでは、当技術を用いた製品を製造・販売しており、お客様の幅広いご要望にお応えします。

AMATAR™でできること

電気計測技術+流動制御技術

現在、非培養の迅速検査法として、主に蛍光染色法やATP法が利用されています。これらの手法は微生物に対して高感度に反応します。しかし、実際の食品や化粧品サンプルには多種多様な成分が含まれており、多くは現行の迅速検査法において微生物同様に反応してしまうため、検査時の大きな「ノイズ」となります。このことから、低濃度の微生物を短時間に検出することは難しいとされてきました。

AFIが提供するAMATAR™は、電気特性解析およびマイクロ流体制御に画像解析技術をプラスアルファした、既存の迅速検査法にはなかった原理を導入した分離技術であり、これまでノイズ要素とされてきた多量のサンプル成分の中から、混在する微生物をラベルフリーで高感度に検出することが出来ます。これこそ、AMATAR™が「革新的フィルタ技術」と言われる理由であり、最大の強みです。

AMATAR™の仕組み

AMATAR™の仕組み 印加OFF

<印加前> エレスタチップのスリット上を、菌とノイズとなる成分が混在したサンプル液が流れています。

AMATAR™の仕組み 印加ON

<印加後> 死菌やノイズとなる粒子は流され、生菌のみが捕捉されます。

  • 微生物以外のATP等、検査時のノイズとなる粒子

AMATAR™の応用分野

  • 品質管理

    品質管理

  • 臨床検査

    臨床検査

  • ライフサイエンス事業

    ライフ
    サイエンス事業

品質管理

適用可能な事業分野例

  • 食品全般・飲料全般

従来の非培養迅速検査法(ATP法・蛍光染色法等)では食品由来成分や油分の多いサンプル成分がノイズとなり、微生物検出精度低下の原因となります。
「ELESTA® PixeeMo™(エレスタ ピクシーモ)」では、そのようなサンプルからも、低濃度の微生物を高感度かつ定量的に分離・検出する事が可能です。培養法では2日以上を要する微生物汚染の判定が、最短5分で完了できます。

Products

最短5分で微生物を検出

微生物汚染リスクモニタリングシステム「ELESTA® PixeeMo™(エレスタ ピクシーモ)」は、
蛍光染色やATPを利用しない唯一の非培養微生物検査装置です。

詳しくはこちら
ELESTA PixeeMo

微生物汚染リスクモニタリングシステム「ELESTA® PixeeMo™(エレスタ ピクシーモ)」は、
蛍光染色やATPを利用しない唯一の非培養微生物検査装置です。

詳しくはこちら

臨床検査

適用可能な事業分野例

  • 薬剤感受性試験の前段濃縮

微生物は比重が小さい為、従来の遠心法による凝集は困難です。
独自技術“AMATAR™”を搭載した装置を使用すれば、サンプル内の微生物を捕捉し続け、濃縮する事が可能です。そのため、将来的には前培養を行わずに同定検査の感度を向上させる事ができる技術となる可能性があります。

comming soon

ライフサイエンス事業

適用可能な事業分野例

  • iPS細胞
  • CTC細胞

AFIの独自技術“AMATAR™”を搭載した装置を使用した場合、再生医療向け細胞株の品質のバラつきを評価し、分離精製できる為、細胞製造プロセスに不可欠な技術になる可能性があります。血中に極微量(10億分の1~10個)存在する細胞をラベルフリー・ダメージレスで分離し、回収する事も可能です。

Products

欲しい細胞だけを無傷で取り出す

サンプルの中に混在する多様な粒子からラベルフリーで
目的の細胞を分離分析する装置“CROSSORTER™”
再生医療、臨床検査だけでなく応用範囲は多岐にわたります。

詳しくはこちら
CROSSORTER

サンプルの中に混在する多様な粒子からラベルフリーで
目的の細胞を分離分析する装置“CROSSORTER™”
再生医療、臨床検査だけでなく応用範囲は多岐にわたります。

詳しくはこちら

Patents and Publications
特許・論文





Contact

食品検査/微生物検査の
担当者の方へ

食品や飲料、化粧品の品質管理を劇的に改善するソリューションをご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ